前進ガバイ呼吸法のやり方

woman-happiness-sunrise-silhouette-dress-beach

前進ガバイ呼吸法の3つの基本となる呼吸法

前進ガバイ呼吸法は細かく分類すれば50〜100種類以上のやり方がありますが、下記の3つが基本となります。

  • 気を安定させる呼吸法
  • 気を落ちつかせる(下に下げる)呼吸法
  • 頭をクリアにする呼吸法

前進ガバイ呼吸法のやり方、ベースは腹式呼吸

前進ガバイ呼吸法は、息を吸うときに身体を開き(胸が開き、お腹が自然に膨らむ)、息を吐くときに身体を閉じる(お腹が萎む)、腹式呼吸がベースとなっています。

呼吸は鼻でも口でも良いですが、口でやることをオススメします。

電車などで実践する場合は鼻で実践してください。

以下に詳しくやり方を書きます。

気を安定させる呼吸法

  1. ゆっくりと息を吐いて、身体を自然な楽な状態にする。
  2. 胸を開き、お腹が自然に膨らむような感じで、身体を開くように吸う。
  3. 1と2をリラックスするように、ゆっくり繰り返す。
  • 疲れたり、緊張しないようにしてください。
  • 呼吸自体は吐く方に意識を向け、吸うときは身体を開くことに意識を向けて、呼吸自体は意識せず、吐く息の惰性で、自然に任せて吸ってください。

気を落ちつかせる(下に下げる)呼吸法

  1. 身体をリラックスさせ、かじかんだ手を温めるときのような息の吐き方で、「ほー」っと吐く。
  2. 吐く息の惰性で、無理なく息を吸う。
  3. 1と2をリラックスするように、ゆっくり繰り返す。
  • とにかく息を吐くときにリラックスしてください。
  • 慣れてくれば、この呼吸法によって、地に足がつくような感触が得られ、精神的にもリラックスできると思います。

頭から気を抜く呼吸法

  1. 頭頂部、おでこなど、頭を軽く触りながら、ゆっくり静かに息を吐く。
  2. 吐く息の惰性で、無理なく息を吸う。
  3. 1と2をリラックスするように、ゆっくり繰り返す。
  • 頭の辛い場所、違和感を感じる場所があれば、そこを触ってください。

あなたの状態(気力)を整えるための実践法

目安として、1日に1回程度、下記のように合計10分強程度、実践してください。

実践していくうちに、呼吸法が自分にどのような効果をもたらすか実感できるようになると思います。

効果を実感できるようになれば、日常生活の中で自由に活用してください。

  1. 気を安定させる呼吸法 → 5分
  2. 気を落ちつかせる(下に下げる)呼吸法 → 3分
  3. 頭をクリアにする呼吸法 → 3分

例えば、5分しか時間取れない場合は、それぞれを「2分、1分、1分」とするなどご自身で調整してください。

ガバイセッションを3ヶ月ほど受講していただくと、「なんだか前より楽」と思える状態になります。 そうなりたい方はお申し込みください。 ただ、現在、お客さんがいっぱいですので「空き待ち」となります。 それでも宜しければ、お手数ですが、お申込みフォームにガバイセッションの受講理由をご記入いただきお申込みください。