前進ガバイ呼吸法のやり方

woman-happiness-sunrise-silhouette-dress-beach

前進ガバイ呼吸法の3つの基本となる呼吸法

前進ガバイ呼吸法は細かく分類すれば50〜100種類以上のやり方がありますが、下記の3つが基本となります。

  • 気を出す(溜める、満たす)呼吸法
  • 気を落ちつかせる(下に下げる)呼吸法
  • 頭から気を抜く呼吸法

前進ガバイ呼吸法のやり方、ベースは逆腹式呼吸

前進ガバイ呼吸法は、息を吸うときに横隔膜を上げ(お腹が凹む)、息を吐くときに横隔膜を下げる(お腹が膨らむ)逆腹式呼吸がベースとなっています。

ですので、3つの基本となる呼吸法の息の吸い方はどれも同じで、横隔膜を上に上げなら息を吸います。

呼吸は鼻でも口でも良いですが、口でやることをオススメします。

電車などで実践する場合は鼻で実践してください。

 

以下に詳しくやり方を書きます。

気を出す(溜める、満たす)呼吸法

  1. 横隔膜を上に上げながら吸う
  2. 吸いきったら軽く横隔膜に力を入れるように息を止める
  3. 下腹を膨らませて、張ったままの状態で、ふーっと息を吐く
  • 1の横隔膜を上げ方はバンザイをして息を吸ってみたときに横隔膜が上に上がっていることが確認できると思いますが、それです。
  • 2の息の止め方は、バンザイして息を吸いきった状態で、カカトをつけたまま背伸びをすると横隔膜に力が入ると思いますが、それです。
  • 3の下腹を膨らます感じは、下腹に手を当てて、その手を腹筋で押し返す感じです。

気を落ちつかせる(下に下げる)呼吸法

  1. 気を出す呼吸法と同様に息を吸います。
  2. かじかんだ手を温めるときのような息の吐き方で、「ほー」っと吐きます。吐くときに身体の力を抜いてリラックスしてください。
  • とにかく息を吐くときにリラックスしてください。
  • 慣れてくれば、この呼吸法によって、地に足がつくような感触が得られ、精神的にもリラックスできると思います。

頭から気を抜く呼吸法

  1. 横隔膜を上に上げながら吸う
  2. 目をつぶって眼球を上げて、ふーっと口から息吐く
  • 目をつぶって眼球を上に上げたときに、目の裏側の上の辺りの目の筋肉がキリキリと力が入るような感じです。

あなたの状態(気力)を整えるための実践法

鍛えたい場所や目的によって筋肉トレーニングのやり方が変わるように、前進ガバイ呼吸法も活用法は、目的によって異なります。

ですので、下記には、あなたの気力を整えることを目的として、1日に1回程度、最低限実践して頂きたい基本的なやり方を書きます。

上記の3つの呼吸法を合計10分強程度、1日1回実践してください。

  • 気を出す(溜める、満たす)呼吸法・・・約5分
  • 気を落ちつかせる(下に下げる)呼吸法・・・約3分
  • 頭から気を抜く呼吸法・・・約3分

気を出す呼吸法を5分程度実践すると、頭がぼーっとすることがあります。

そのぼーっとした頭をスッキリさせるために、あとの2つの呼吸法を実践してください。

そのため、上記のやり方でやる場合は、3つを1セットでやるようにした方が良いです。

例えば、5分しか時間取れない場合は、それぞれを「2分、1分、1分」とするなどご自身で調整してください。

 


まず、呼吸に意識を向け、深呼吸してみましょう

何より日頃の呼吸に意識を向けてみることが大切です

呼吸法

1.自律神経系で唯一コントロールできるのが呼吸

自律神経とは、心臓や肺などの内蔵を意識せずとも自然にコントロール・調整する神経です。

心臓などの内臓は自律神経によってコントロールされ、意識せずとも自動で動いてくれ、私たちが寝ている間に心臓が止まったなんてことが起こらないようになっています。

逆に、それらの内臓は自分の意識ではコントロールできないため、興奮して心臓がバクバクと動いても、直接的にそれをコントロールすることはできません。

その自律神経系で唯一コントロールできるのが呼吸です。

2.呼吸を変えることで自律神経に働きかける

本来は自律神経を私たちの意識でコントロールすることはできないのですが、呼吸を意識的に変えることで、自律神経に働きかけることができます。

私たちの呼吸は、リラックスすればゆっくり深くなり、緊張すれば浅く早くなりますので、、緊張を緩めるには深呼吸をし、グッと集中力を高めるには少し息を止めると良いです。

3.日常の中で呼吸に意識を向けるクセをつけましょう

私自身も呼吸法に出会うまでは、呼吸の大切さはなんとなく知っていましたが、意識することなんてほとんどありませんでした。

でも、日頃から呼吸を意識することで、自分自身の精神状態も大きく違い、行動の結果も変わってきました。

世の中にはさまざまな呼吸法があり、それらの呼吸法によってダイエットに成功したなど様々な効果がうたわれています。

しかし、まず大切なことは、自分の呼吸に意識を向けてみることです。

自分の呼吸に意識を向け、自分の状態に気づくことが大切です。

意識を向けるだけでも、それまで悶悶と考え込んでいたことから、ふと気持ちを外して距離を置くことができるようになります。

4.深呼吸も呼吸法の一つ

そして、意識を向けることができたら、深呼吸をしてみましょう。

私たちは、小さい頃、ラジオ体操など体を動かした後に深呼吸をするように教えられ、多くの人が息が乱れたときや緊張したときに深呼吸をすると良いというのは知っていると思いますが、実際に日常の中では深呼吸をすることは少ないと思います。

さまざまな呼吸法にはそれぞれ素晴らしい点がありますが、そんな特別な方法をしなくても深呼吸を一日に何度も行うことで、それだけでも充分に効果を得ることができます。

ぜひ実践してみてください。

【新規募集しておりません】グループレッスン
前進ガバイ呼吸法のやり方、日常での活用法などが身につき、自力で自分のエネルギー状態を整えられるようになります。 前進ガバイ呼吸法のやり方か...

気脈の詰まり取りについて

全ての人の気脈が詰まっています

圧縮し細く束ねた気を気脈の詰まった箇所に当て、詰まりを取り除きます。

初回の施術で、腕や身体にある気脈の詰まりは気の循環ができる程度に取り除きますが、一度に全てが取れるわけではありません。

何度も施術を繰り返し、気脈の詰まりを取り除きながら、気の循環がスムーズになるようにしていきます。

1.腕の気脈の詰まりを取ります

気は手を開いた状態で出すと広い面で出ます。

それをピースのような形にすることで、細く圧縮された気が出るようになります。

その圧縮された気を、腕にある気の入り口である右手にあて、気を通していきます。

詰まりが取れたかどうかは、添えた私の右手で確認をします。

右手に私の左手から出した気が感じられれば、詰まりが取れたということであり、感じられなければ、まだ詰まりが気を遮っているということになりますので、私の右手で感じられるまで気を当て続けます。

右手の手のひらの詰まりを取り除きます。

その後、右腕、右肩から左肩を通し、左腕、左手を通し、腕の気脈の詰まりを取ります。

2.身体の詰まりを取ります

腕の詰まりを取ったときと同様に、細く圧縮された気を腰にある仙骨から、頭頂部に向けて通し込み、身体の気脈の詰まりを取ります。

これをすることで、身体の気の循環がよくなります。

また、頭から気を抜く呼吸法をすることで、長時間の仕事で頭に溜まった気を抜き去ることができるようになり、頭の疲れを解消することができるようになったりします。

そして、日々呼吸法をすることで、気の循環がスムーズになり、あなたの身体の周りの気の循環によってできた気の層が厚くなります。

3.チャクラの詰まりを取ります

背中側から圧縮した気を送り、チャクラの詰まりを取っていきます。

そして、長年あまり使っていなかったために、動きにくくなったチャクラを回していきます。

これをすることで、チャクラが呼吸法によって、活性化するようになります。

チャクラの説明
前進ガバイ呼吸法をすることでチャクラが活性化されます。 これは前進ガバイ呼吸法だけがそうできるのではなく、ヨガや気功によっても活性化されま...